満ち足りる暮らし

アラフォー主婦、家族四人での賃貸ライフ。

気軽に手紙やはがきを送るために工夫している2つのこと。

手紙やはがきを書くのが好きです。

ラインやメールももちろんしますが、住んだ先で親しくなった友達や遠くに住んでいる家族に手紙は今ここの空気まで届けてくれる感じがします。

だから思い立った時に特別な理由がなくても投函します。

 

行った先の美術館であなたの好きな猫のはがきがあったから とか

テレビで君の住んでるとこのウナギ屋さん出てたよ とか

おもしろかった本の感想とか

 

別に手紙だからって全然かしこまりません(笑)ラインやメールと同じ感覚で送ります。

f:id:reiwa20190516:20190610081403j:plain

 ただラインやメールと比べるとはがきや便箋と封筒、準備して宛名を書いて切手を貼ってポストまで行って投函、とだいぶ手間はかかりますね。

 

でも、私は好きなことはしたいので書くことにすぐとりかかれるように工夫しています。

 

1、ポストカードに切手を貼っておくこと

f:id:reiwa20190516:20190610084407j:plain

美術館やどこかで買った絵葉書はすごく綺麗で、気に入ったものがあれば送りたいけれど、残念ながら切手が最初から ついているものはほとんどないです。

だから帰ってきた時にすぐ切手だけ貼っておきます。

送りたい人が決まっている時は住所も書いておけばなお良しです。

あとはちょっとした時間に書いて送るだけ。

 

 2、アドレス帳と切手はセットにしておく

アドレス帳は色々放浪しましたが、数年前にファミリーマートで見つけた無印の名刺入れファイルのようなもの(200円くらいでした!)に落ち着きました。

サイズも小さめの手帳くらいですごく便利!

f:id:reiwa20190516:20190610081422j:plain

名刺アルバムのようなものなので中に名刺サイズの紙を入れてそこに連絡をとりたい人の住所や名前、電話やメールなどを記載しています。

住所が変わった時は名刺カードを新しく入れ替えればいいので、簡単。

f:id:reiwa20190516:20190610081435j:image

 その一番最後のページによくある透明のジップ袋を両面テープでくっつけて切手を入れています。

 

これを便箋、はがき、封筒、ペンと全部まとめてすぐ手にとれる場所に置いておけば気が向いた時の隙間時間でささっと書くことに集中できます。

 

このアドレス帳は贈り物をする時にも使ったりするので、名刺の裏にその人の食事の好みや誕生日や子供の名前、趣味などわかる場合は書いています。

なので絶対に持ち出し厳禁です(笑)

 

誰かに手紙やはがきを書くということ。

遠くにいるたったひとりのことを真剣に思い浮かべて考える時間。

なんでもかんでもスピード感を求められる時代だからこそ逆に贅沢で豊かな時間に思えます。

 

 

 

 関連記事

 

reiwa20190516.hatenablog.com

 

 

  

参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

読者登録はこちらから→